« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その128回ーー「チャーリー・パーカーに捧ぐ」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その130回ーー「ジャズはライブにかぎる」の巻ー »

June 29, 2007

団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その129回ーー「歴史は繰り返す」の巻ー

今回も、写真BLOGと相成りました。なかなか文章を書く時間がとれなく手抜きです。

本棚を引き続き整理していました、最近よくお世話になる「ジャズ批評」の古い保存版が出てきました。
今見ても、そのまま通用しそうな、タイトルと内容です・・いや内容は以前の方がハードだったようです。
思わず、読み返しました。
ジャズ批評を読むたびに考えることがあります。それは広告の少なさです。私はレコード会社から多額の広告費を貰ってしまったら、酷評は載せられなくなるのではと・・・・。Jazzbooks070618_038

Jazzbooks070618_078

Jazzbooks070618_079

Jazzbooks070618_082

Jazzbooks070618_036

Jazzbooks070618_080

いくつかのキーワードが浮かびます・・・コルトレーン、エバンス、60年代、ハードバップ、ジャズピアノ・・・人気のキーワードなのでしょうか?

|

« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その128回ーー「チャーリー・パーカーに捧ぐ」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その130回ーー「ジャズはライブにかぎる」の巻ー »

Comments

????
http://whiterockers.com ievapastore.com jobindigo.com spsuhornets.com socialcashbuilder.com findyouradventures.com
???

Posted by: whiterocmo | September 26, 2017 at 12:35

????
http://whiterockers.com ievapastore.com jobindigo.com spsuhornets.com socialcashbuilder.com findyouradventures.com
???

Posted by: whiterocmo | September 26, 2017 at 12:35

????
http://whiterockers.com ievapastore.com jobindigo.com spsuhornets.com socialcashbuilder.com findyouradventures.com
???

Posted by: whiterocmo | September 26, 2017 at 12:35

????
http://whiterockers.com ievapastore.com jobindigo.com spsuhornets.com socialcashbuilder.com findyouradventures.com
???

Posted by: whiterocmo | September 26, 2017 at 12:34

????
http://w7677.com ysa

Posted by: whiterocta | September 26, 2017 at 10:47

????
http://w7677.com ysal

Posted by: whiterocta | September 26, 2017 at 10:46

????
http://w7677.com ysa

Posted by: whiterocta | September 26, 2017 at 10:46

????
http://spsuhornets

Posted by: spsuhordc | September 14, 2017 at 06:07

????
http://spsuhorne

Posted by: spsuhordc | September 14, 2017 at 06:07

Hi there colleagues, good paragraph and good urging commented here, I am genuinely enjoying by these.

Posted by: http://blogs.uab.cat/telefonosandroid/blackmart-alpha-para-android/ | August 09, 2014 at 15:20

4438miles さん、こんばんは。

雑誌の存続には広告が欠かせませんが、厚くなるだけ広告が増え、批評性が薄れるといえます。多くのジャズ雑誌が志を抱いて創刊され廃刊に追い込まれておりますが、広告を載せているアルバムを酷評できないことによるものです。SJ誌が生き残っているのは批評誌ではなく情報誌だからでしょう。オーディオは酷評すると売れなくなりますが、ジャズアルバムの売れ行きは批評に大きく左右されることはありません。気に入らないアルバムを酷評したいのでしょうが、広告費の関係でそれができないようです。ジャズ批評誌はレコード会社の広告が少ないのでまだ骨太な批評を載せることができるともいえます。

昭和42年にジャズ批評誌が創刊された時の広告は表紙の裏だけでした。それも資生堂と英宝社という出版社でした。48ページでしたが、かなり突っ込んだ評論もありました。今では大分変ってきましたが、どういう形であれ生き残ってほしいものです。

Posted by: duke | July 02, 2007 at 21:05

マニアックな雑誌ほど読み応えがあるので期待は大きいのですが、編集する方は大変でしょうね。

ジャズ批評社には頭が下がります。

内容もかつては詳細な分析物が多かったようですが、最近は何かITネットの発達やBLOGの発達のせいか、マニアの話題ものが多くなってきたようです。
だからこそ、私の駄文なども掲載して頂けるのではと・・・複雑な思いです。(嬉しいやら、これでいいのかという自問自答の合間で)

ジャズを聴く方も以前の様な「重箱の隅」タイプより、自然に楽しむ派が増えてきたのでしょう。
ジャズ喫茶の衰退がそれを現しているようです。

SJ誌がシャリコマ路線を突っ走る中で、ジャズ批評社が頑張ってくれることを祈っています。

「フレー・フレー・ジャズ批評!」

Posted by: 4438miles | July 02, 2007 at 17:03

4438miles様、こんばんは。
>ジャズ批評を読むたびに考えることがあります。それは広告の少なさです。私はレコード会社から多額の広告費を貰ってしまったら、酷評は載せられなくなるのではと・・・・。
本当にそうですね。厳しい批評がジャズ界の為になるのに、スポンサーの存在を気にしていては、批評も軟弱なものになる・・・。
「俺の批評が気に入らないなら仕事はいらない。」こんな気概のある批評家が多く現れれば、状況も良くなって行くと思っております。

Posted by: KAMI | June 29, 2007 at 22:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54124/15593368

Listed below are links to weblogs that reference 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その129回ーー「歴史は繰り返す」の巻ー:

« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その128回ーー「チャーリー・パーカーに捧ぐ」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その130回ーー「ジャズはライブにかぎる」の巻ー »