« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その131回ーー「夏はジャズ・フェズ」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その133回ーー「エリック・ドルフィーという名の男」の巻ー »

July 20, 2007

団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その132回ーー「またまたガラクタショー」の巻ー

ご来店の皆様、ここのところ、集中して物を書く時間がとれません。
何か良いテーマで短文をと思っても、思考に集中できないと・・・ストレスを感じますね。
そして、またまたガラクタショーでごまかそうと・・・姑息な手段に出ました。
ここでガラクタショー等と言っていると、何れ私がこの世からいなくなると本当にガラクタになって燃えないゴミに出されるのでしょうね。
誰かガラクタを必要とする人はいるのでしょうか・・・コレクションって・・・虚しいですね。
特に、今回もそうですが、地震などの災害があると、また考えさせられます。
物という、形あるものの虚しさですね。
そこへゆくと、形の無いものはある意味永遠性をもっていますね。

今回はミニチュア楽器展です。
国内、欧州で集めました。やはりピアノが多いですね。1015_018

1015_019_1
1015_020
1015_021
1015_022
1015_023
1015_024
1015_017
1015_026
1015_029
1015_030
1015_031
1015_032_1
1015_033
1015_034_1
Jazzbook0924_034

以上で十分の一でした・・・。
また来週、この週末には仕事が入らないように・・・「Fのブルース」を書いてきます。

|

« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その131回ーー「夏はジャズ・フェズ」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その133回ーー「エリック・ドルフィーという名の男」の巻ー »

Comments

????
http://digicha.com mataichang.com digicha.com mbknz.com funny-clip.com metawallpapers.com
???

Posted by: digicharx | September 23, 2017 at 01:13

????
http://digicha.com mataichang.com digicha.com mbknz.com funny-clip.com metawallpapers.com
???

Posted by: digicharx | September 23, 2017 at 01:12

Basscleffさん
DUKEさん

私も一時あのコンボ人形を買おうかと・・・でも雰囲気は良いのですが、音がいまいちで、且つ演奏内容が・・・???

あのようなジャズクラブのジオラマ的な雰囲気モデルを見るとやたら買いたくなって集めたことがありますが、場所ふさぎになってしまって、結局はホコリを被って、燃えないゴミになりました。
あれは、自宅の飾りというより、飲み屋さんの雰囲気づくりに使った方が良いのではと思うのです。

もし私が玩具屋で企画するなら、先ず「ビレッジ・バンガード」の室内モデルをつくる。
同じ縮尺で、演奏者のフィギュアーを作成する。
演奏者のモデルは、コルトレーンカルテットやロリンズのピアノレストリオで、録音と同じ構成のコンボです。

それらのフィギュアーをLPの演奏に合わせて並べるのです。別に動く必要はありません、
演奏をしている雰囲気が出ているフィギュアーなら良いのです。
勿論、観客のモデルも、ウエイターやクラブオーナーのモデルも要りますね。

演奏は当時のライブレコーディングをそのままかける訳ですから悪いわけがありません。

ジャズクラブ・ジオラマ、演奏者フィギュアー各種・・・これって良いアイデアだと思いませんか?

Posted by: 4438miles | July 23, 2007 at 13:35

KAMIさん
実はこれはミニチュア楽器というより、アフリカのタイコの実用のものです。
でも、高さが20CMで直径が10CMくらい。
指で叩くと乾いた良い音がします。
ケニアの民芸品です。
ボディーは陶器で模様が焼く付けてあります。
アフリカの風情がして好きなのです。

Posted by: 4438miles | July 23, 2007 at 13:20

4438miles さん、こんばんは。

よく言われることですが、レコードの中の音楽に価値があるのであって、レコード自体には価値がないのだと・・・確かにそうであっても私は形のあるレコードに執着しますね。これとておっしゃるように何れガラクタになるのでしょう。

それにしてもミニチュア楽器のコレクション素晴らしいですね。これで十分の一とは畏れ入りました。さぞかし置き場所に困っているものと思われます。あっそうそう、私の棚一段空いております。(笑)

bassclef さん、私確りあの「ジャズ人形」持っております。しかもケンウッド・ヴァージョンではなくオリジナルです。(笑)

Posted by: duke | July 22, 2007 at 22:48

4438milesさん、こんにちわ。いやあ・・・milesさんは、いろんなものを徹底的に集める方なんですね(笑)
このミニチュアの中では「トランペット」が気に入りました。色合いなど古っぽい雰囲気でいい感じです。
こういう「ミニチュア」を見て思い出したのですが。少し前に、ジャズのコンボ風人形(ピアノ、ペット、サックス、ドラムにベースと揃っている)のセットで、各人形から「音が出る」おもちゃがありましたね。けっこうヒットしたとかで、僕も何度か展示してあるものを見ました。そして「音」を聴きました。僕にはああいうのは、全くダメでした(笑)「ジャズの音」がシンセというかいわゆる合成音のwave音源だか何かで・・・全然、ジャズじゃない!ジャズ風の曲の目覚まし時計みたいな音でした(笑)
センスがよくてお洒落という評判で、もちろんそうなのかもしれませんが・・・あんなのだったら「音」が無い方が、よっぽどimaginationが湧いてくる・・・という風に思いました。まあ・・・こんなことで、いちいち文句を言う方が、大人げないのでしょうけど(笑)
・・・あの「ジャズ人形」持ってらっしゃる方・・・すみません(笑)

Posted by: bassclef | July 22, 2007 at 10:15

4438miles様、こんばんは。
「ミニチュア楽器展」楽しいですね。
こういう楽器に囲まれて、ジャズを聴いたら最高の気分だと思います。
ところで、最後の写真。これはなんという楽器なのでしょうか?
打楽器のようにも見えるし、椅子のようにも見える・・。
興味がわいてきました。

Posted by: KAMI | July 20, 2007 at 22:22

皆様・・すみません。
画像を縮小していなかったことに気がつきました。
拡大機能が働きません。

Posted by: 4438miles | July 20, 2007 at 17:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54124/15823876

Listed below are links to weblogs that reference 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その132回ーー「またまたガラクタショー」の巻ー:

« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その131回ーー「夏はジャズ・フェズ」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その133回ーー「エリック・ドルフィーという名の男」の巻ー »