« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その135ーー「閑話休題・ラジオ関東・チコ・ハミルトン」 | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その137回「夏バテには何が効くか」の巻ー »

August 22, 2007

団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その136回「エグベルト・ジスモンチを聴く」の巻ー

Img


8月20日 第一生命ホールでエグベルト・ジスモンチを聴いた。16年ぶりの再来日で、この再来日に尽力されたのが、私の小学校の同級生の御嬢さん。お母さんは、ジャズピアニスト故本田竹広氏を同じ国立音大卒という縁で支援してきた方。(ジャズの世界に限らず世界は狭い)
手配を頂き、正面の5列目という絶好の席で聴くことができた。

1947年生まれというから同い年である。
レバノン人とイタリア人の子でブラジルで生まれた。
5歳から音楽教育をうけ、成人になってオーストリーへ留学、音楽教育をうける。
音楽家の道を平穏裡に辿るかと思われたが、ブラジル人としてのアイデンティティが薄いことに気がつき、アマゾンの密林でインディオと共に生活、ブラジルの土着音楽を研究し、独自の音楽性を創造した。

以前、偶然にもドイツで聴いたことがあった、それが始めてジスモンチを聴いた経験である。
フルートを吹き、ギターを弾き、ピアノを弾く。
ジャズでありクラシックであり、民族音楽でもあり、全ての融合体である。
私が聴いたのは、アイアート・モレイラと一緒にいた頃で、かなりジャズを意識していた頃であった。

昨夜は前半一時間がギターで後半一時間がピアノだった。
ジスモンチの演奏はジャンルを超越した音楽である、彼の「音」を聴き、「フレーズの語り」を聴き、音楽空間を感じる。
前半のギターによるインプロビゼーションは、「語り」であった。彼の10弦ギターは饒舌に語った。
目で見るとそのテクニックに圧倒されるが、目を閉じると、音の綺羅星が降ってきて、宇宙を感じる音になった。
根底にあるリズムの上でその語りは奏じられた、リズムは浮ついたものではなく、地に根ざしたリズムだ。
そのリズムに絡まる、コードもシングルトーンも透明で澄んだサウンドとなって語りかけてきた。
語りかけてくるのは、ジスモンチではなく、大地の生命と感じられた。
ブラジル音楽は深い、なんと哲学的なのだろうか・・。

休憩を挟んで、後半はピアノで表現した。
繰り返されるリズム、その中に置かれる粒ぞろいの音色・・。
ピアノは「語り」より癒しであった。
聴く者に沁みこんでくる音は、心を浮遊させ、余分な力を抜けさせる音だ。
やはりピアノでも、彼の音は宇宙のヴァイブレーションをもって包み込んできた。

丁度、ピアノの手が見える位置で聴いていたので、ペダルワークも運指も、指に掛かる力具合も見てとれたが、音の柔らかさに反し、タッチの強さは尋常ではないことは見ても聴いても分かった。
しかし、彼のギターやピアノの技術論をここで言っても始まらない、要は彼の音だ。
今般、この音を生で聴くことができたのは、貴重な経験であり無常の喜びであった。

しかし、同じ年であのエネルギッシュな演奏と集中力は凄い。

余談であるが、偶々、前の席がピアノの青木弘武夫妻であった、彼が大阪音大を出てジャズピアニストとして東京に来て依頼の25年以上の付き合いである。いまでは日本を代表するジャズピアニストに成長した。
彼とジスモンチを聴いて同じことを言った、「目を閉じると、聴こえる音の数が100倍になるね」と。

|

« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その135ーー「閑話休題・ラジオ関東・チコ・ハミルトン」 | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その137回「夏バテには何が効くか」の巻ー »

Comments

????
h

Posted by: yahappdt | September 26, 2017 at 18:07

????
http://jobindigo.com bizcpc.com mbknz.com findyouradventures.com mataichang.com nvvip.com
???

Posted by: jobindigpey | September 23, 2017 at 22:21

DUKEさん、こんにちは。

青木弘武、大隅寿男は今でもよく一緒にやっていますが、山口彰君は現在遠藤律子さんと組む機会が多いようで、ベースは代わる可能性があります。
来年の秋頃ということは、半年前くらいに調整をしましょうか・・。ギャラの交渉も含めて。
その際には、宜しく御願いします。

Posted by: 4438miles | August 27, 2007 at 11:48

4438miles さん、こんにちは。

「メロディーズ オブ ラブ」の録音のお付き合いされていたのですか。想い出が詰まったアルバムですね。
青木弘武+大隅寿男+山口彰というメンバーで聴きたいのですが、今年は秋に辛島文雄さんをやりますので来年以降機会があればと思っております。そのときはよろしくお願い致します。道内数箇所ツアーの場合、基本的に飛行機代等アゴアシはギャラに含まれますが、道内の移動につきましては協力しております。打ち上げでは腹一杯飲んでいただきますからご安心ください。(笑)

Posted by: duke | August 26, 2007 at 10:30

DUKEさん

さすが、DUKEさん!ジスモンチを評価頂き感謝です。
サン・ラはいたく重い時もありますが、楽しいサン・ラもあります。宇宙的な広がり・・いいですね、音は宇宙的な広がりをもって奏でて欲しいと願っております。

なお、私は青木弘武+大隅寿男+山口彰という大隅トリオの時代に年200回のライブ通いをしており、未だ音大出たての青木君に色々な音源を聴かせたものです。
いまでも、家族付き合いのミュージシャンです。
9月はバンゲルダースタジオで録音があると張り切っていました。
DUKEさんご指摘のロン・カーターとの共演盤「メロディーズ オブ ラブ」は録音スタジオまで一緒に付き合いました。
ロンは参加せず、ロンのソロパートはバックだけで流して後からトラックダウンで別に加えました。
ベースは坂井紅介君でロンはピッコロベースを弾きました。
このタイトル曲は勿論ジョーサンプルですが、このリハーサルにはづっと立会い、ヘッドアレンジにも参加し、
曲のテンポは私が出したのです。
この青木君の演奏は、かなり粘った良い雰囲気に出来ています。(アレンジャーがいいので??)
このLPは入手は可能かとも思いますが。
後日、ロンが来日し、ライブハウスで大隅トリオと共演をしたとき、彼の提供したオリジナルをやろうとしたら、自分で作った曲を忘れて、譜面をみて、これ誰の曲と言ったのはお笑いでした。
ロンと大隅トリオの通訳をしたのも私でしたし、いろいろあった、アルバム制作でした。

尚、青木君の北海道ツアーは企画されるのであれば、ご協力いたします。
一箇所でCじゅうGマンですか・・・アゴアシはいかがですか?

Posted by: 4438miles | August 24, 2007 at 14:41

KAMIさん

ジスモンチは是非一度お聴きください。

ソロアルバムの「フォークソングズ」かチャーリーヘイデンとの共演盤がいいと思います。
DUKEさんもそう言っております。(逆らわないように、笑)

Posted by: 4438miles | August 24, 2007 at 13:37

4438miles さん、こんばんは。

ライブの達人だけあっていいライブを聴かれておりますね。ジスモンチというとサン・ラーを思い起こします。宇宙的な広がりがあるからでしょうか。チャーリー・ヘイデンとのデュオ盤が印象深いですね。

4438miles さんの幅広い交遊録には喫驚しておりますが、青木弘武さんと25年以上の付き合いとは・・・大隅寿男さんとは素晴らしい演奏を残しておりますが、あの意地悪い(笑)ロン・カーターと共演しているのが凄い。一度生で聴いてみたい人です。ちなみに当地でライブを開催する時のギャラは道内数箇所組んで一箇所15以内です。(笑)

Posted by: duke | August 23, 2007 at 23:42

4438miles様、こんばんは。
私はエグベルト・ジスモンチを聴いたことがありません。
でも、記事を読むと聴きたくなってしまいます。
お奨めのアルバムを是非教えて下さい。

Posted by: KAMI | August 23, 2007 at 21:59

しんじワールドさん、こんにちは。

そう、ジャンルを越えて良い音は良い・・それは音の中味に内容があるからですね。

音は宇宙と繋がっている・・これは私の持論ですが、これを身をもって感じることができました。

それからドルフィーの本ですが、私も読書の速度は早いほうなのですが、この本は時間がかかりました。
それは、内容が凝縮されおり、一行に含まれる意味が深いので・・・。

でも時間をかけて読むのもいいものです。
頑張って読んでみてください、ドロフィーを聴きながら。

Posted by: 4438miles | August 23, 2007 at 10:12

元ベース弾き様

廃校利用の音楽合宿村の発想は素晴らしいですね。
音楽のジャンルにこだわらず、広く音楽活動、教育などの支援組織になるといいですね。

ハコというハードは廃校を利用ですが、あと肝心なのは指導者、管理者ですね。
この運営ひとつにかかっていると思います。

誰か、名の知れた、柔軟な考えをもって支援してくれるサポータ達が欲しいと思うのですが・・・。

Posted by: 4438miles | August 23, 2007 at 10:08

こんばんは>
ひさびさにスッっと頭に入るコンサート評で聴いてきたような気分にさせられました(笑;
それとご紹介いただいた晶文社のエリック・ドルフィー、かみしめるように読み進んでいるのですがすぐ眠ってしまい、なかなか最後までゆきません。しかし密度の濃い御本ですね。ドルフィーに照らされた同時代のジャズメンの人となりがとても興味深いです。

Posted by: 管理人@しんじワールド | August 23, 2007 at 00:31

ジャズはよくわかりませんが、生演奏は素晴らしいと思っています。
将来 ジャズも含め廃校利用の音楽合宿村を作ります。

Posted by: 元ベース弾き | August 22, 2007 at 20:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54124/16202538

Listed below are links to weblogs that reference 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その136回「エグベルト・ジスモンチを聴く」の巻ー:

« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その135ーー「閑話休題・ラジオ関東・チコ・ハミルトン」 | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その137回「夏バテには何が効くか」の巻ー »