« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その136回「エグベルト・ジスモンチを聴く」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その138回ーー「枯葉」の巻ー »

September 07, 2007

団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その137回「夏バテには何が効くか」の巻ー

さて、最近、夏バテ気味で、ジャズを聴きこむ意欲が出てこない。
070902_005

こんな時は、黙って、静かに時を過ごし、たまに、ブログ仲間のサイトを訪れて、要らぬコメントを書いて、邪魔をするくらいが良いのかもしれない。
しかし、それでは、ジャズブログの名に恥じるので、では・・・御題を一つ!

「夏バテに効くジャズは何か?」
クスリみたいなジャズがあるものか・・・、ここでご意見をお聞きしたいのだが。

実はこの「Fのブルース」はこのような形式になる予定ではなかった。
あくまでも空想小説風に話をもってゆきたかった、そう「KIND OF BLUE」というジャズクラブを拠点にして。

・・・・ある雨の夜、客は2人しかいなかった。
そこへ、一人のずぶぬれになった男が入ってきた。
ゼンさんはその男の顔をみた、男は小さく首を横に振った。
センさんは、男を店に置かず、裏の母屋へ案内した。
ヒゲをたくわえ、日焼けした顔、つば広帽子を目深にかぶり・・・でもゼンさんはそれが誰だか直ぐに分かった。
店をマネジャーのヤマちゃんに任せて、母屋でその相手と話をしていた。
「何か飲むか?」 「・・・・バーボンのロックを」
乾いたタオルで男は、顔と頭を拭いた。
「あまり長居はできない」
「いや、今はここにいた方がいい」

「もう11時頃だろう・・」
「そうだ丁度11時かな」
「ちょっとTVのニュースを」
ゼンさんがTVのスイッチを入れた、何やらニュースが騒がしい・・。
「先ほど、北の某国が臨時ニュースを発表しました、それによると、3日前にk首席が外国の暗殺者と思われる人物に拳銃で撃たれ、重傷を負ったが、昨日亡くなったと報道発表をしました。まだ事の真実は明らかではありません。日本国としても事実を確認した訳ではありませんが、かなり事実に近い報道ではないかと、官房長官談話が出ています。」
ここでTVのスイッチを切った。

ゼンさんは静かに言った「おい、二階で風呂に入れるし、ベッドルームが一部屋空いている、しばらくはそこに居ろ」と、その男にいった。

一旦、ゼンさんは店に戻り、その日の締めをして戻ってきた。
男は、風呂を浴びてさっぱりした表情で、居間で目を閉じジャズを聴いていた。
コルトレーンの「BLADS」を聴いている。

・・・・・こんな感じの、出まかせ小説をジャズを交えて書き綴るはずだった・・・が・・。

今はちょっと夏バテで、創造力というか、妄想力というか、出まかせ力が落ちています。

では、「夏バテに効くジャズ」よろしく!

|

« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その136回「エグベルト・ジスモンチを聴く」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その138回ーー「枯葉」の巻ー »

Comments

????
http://cherishmyhome.com itacougarromancerad.com designtshirtsonlineforcheap.com sangeetaestateagency.com usesquish.com socialcashbuilder.com
???

Posted by: cherishwd | September 22, 2017 at 22:27

????
http://cherishmyhome.com itacougarromancerad.com de

Posted by: cherishwd | September 22, 2017 at 22:24

????
http://epowerwashers.com pepperspastures.com quantumcoffee.com nvvip.com sportingbet596.com fineinkworks.com
???

Posted by: epowerwrc | September 14, 2017 at 23:29

25-25先生

なんだか、英文の海外からの迷惑トラックバックが多く、無視をし、たまに纏めて消しています。
でも、多いですね、海外からの迷惑メールが、Eメールアドレス宛に一日平均で30から40本きます。

Posted by: 4438miles | October 01, 2007 at 11:00

>これって、北の家族のサイトですか?

いえ、貴ブログの既出エントリーで、やたら
英文のコメントが多発しているので、ちょっと
気になりました。
スパムでなければいいのですが。

Posted by: 25-25 | September 28, 2007 at 11:33

25-25先生
ディカーソン、TO MY Queenを聴きました、何是かスッキリした感じになりました。

ところで、・・・・
・・・他のエントリー、なんかエライことになってません?・・・

これって、北の家族のサイトですか?
Ride On 騒ぎから・・シケモク騒ぎになっているようで、タバコの消し忘れに注意、火の用心ですね。

Posted by: 4438miles | September 28, 2007 at 10:24

>さああああ、デイカーソンの何を聴こうか・・・
と言っても、あまりないですね。

ああ、ディッカーソンも、ひんやりとした感じですね。

ヴァイブ界のコルトレーンという呼び声もあり、
やや難解な印象はありますが。

とはいえ、私も鉄板の「To My Queen」を含めて
3枚しか所有しておりません。
「Walt Dickerson 1976」というアルバムが
わりとお気に入りです。

ところで・・・
他のエントリー、なんかエライことになってません?


Posted by: 25-25 | September 25, 2007 at 23:37

25-25さん

ボビーはっつあんはいいですね。
私、近頃、やたら、ヲルト・デイカーソンを聴きたくてしょうがないのです。

あの、なんとも言えない間・・キン、カン、コーンと鳴るバイブ・・・耳について離れません。

さああああ、デイカーソンの何を聴こうか・・・と言っても、あまりないですね。

Posted by: 4438miles | September 25, 2007 at 15:15

夏バテに、きくジャズですか・・・。

ベタですが、ボビ・ハっつあんの「Happenings」
なんか、清涼感があっていいんじゃないですかね?

>ベースを担いでいるのは金沢君、

おお、ジャズ・ベース界の重鎮、金澤英明さんを
君付けできる4438 さんは、凄いです!

25-25プレゼンツ・ライブには、3度もご出演いただきましたが、
この2年ほどはすっかりご無沙汰です。
お元気でしょうかね。

ソロにもバッキングにも、同じように卓抜した技量を
発揮できるベーシストって、そうはいないように
思うのですが。

Posted by: 25-25 | September 20, 2007 at 10:46

KAMIさん

口から出まかせ小説はまだ続きますから・・・宜しく、止めさせないでください。
まだすきあらばと・・・狙っています。(笑)

DUKEさん
旭川には結構ジャズキチ君たちが多いですよね。
特にトコちゃんファンが組織化されていましたね。

しかし、北海道って広いですね。
滝川のジンギスカンを食べに行きたくなりました。
それからボンタン飴も・・・。
そろそろ、冬支度ですね、コチラは未だ暑いです。

Posted by: 4438miles | September 14, 2007 at 16:28

4438miles さん、旭川に30回くらいとは驚きました。

旭川電気軌道はスーパーも経営している会社で知っておりますよ。広い北海道ですが、旭川には親類もおりますし、友人も多数いますのでたまに行きますよ。繁華街、通称さんろく街でお会いしていたのかもしれませんね。

軌道といえばバスではありませんが、鉄道の前旭川駅長とさんろく街で飲んだことがあります。鉄道マニアの貴重な話を伺いましてね、レール1本何万円でも買うグッズマニアと、列車に乗るマニアがいるそうです。数万円のオリジナルを買うマニアとライブに通うマニア、ジャズマニアも同じだなと。(笑)

最近はいらっしゃることがないのでしょうか。僅か3時間ですから直ぐに参ります。

Posted by: duke | September 13, 2007 at 21:52

4438miles様、こんばんは。
>・・・・・こんな感じの、出まかせ小説をジャズを交えて書き綴るはずだった・・・が・・。
最初のころの「Fのブルース」、大好きでした。もちろん今も面白いのですが・・。
あの頃は、コメントも少なかったのですが、私にとっては読むのが物凄く楽しみだったのです。
でも、小説を書くのは凄く大変ですよね。
そういう意味では、今のやり方でよいのでは・・と思っております。
熱くジャズを語ってくれる「Fのブルース」
これからも楽しみにしています。

Posted by: KAMI | September 13, 2007 at 20:37

DUKEさん
旭川へ何度も行きました、ざっと勘定しても30回くらいは・・・。

何しに、私がよく行ったのは動物園ではありませんでした・・・。

実は旭川とコンピュータはちょっとした縁があったのです。

旭川電気軌道という会社・・・今じゃバス会社ですが。
ここは終戦直後からコンピュータを導入した古い会社なのです。
そんなことでよく行きましたが・・・或る日旭川の帰路、空港へタクシーで、着くと、前の車から楽器を降ろしてます。
良く見ると、ピアノの青木弘武君がいます、ベースを担いでいるのは金沢君、ならどこかにドラムもいるはずと見回したら、トコちゃん、そしてなんとマリーンまで。
みんな仲良グループでした。

空港内で「やっやややや」ということで全員とハイタッチ。

そんなこともありましたね。
羽田について、私の車でトコちゃんと青木君とマリーンを送り届けてね。
これも、旭川思い出の一つです。

そんなこともありました。

Posted by: 4438miles | September 13, 2007 at 09:52

4438miles さん、こんばんは。

旭川に何度もいらしたことがあるとは驚きました。当地から車で僅か3時間です。稚内まで5時間、函館まで8時間ですので3時間は北海道では僅かの地域になります。(笑)

家具のオーダーでしょうか、名酒「男山」の試飲でしょか、あっ分かりました、旭山動物園の北極熊の見学ですね。(笑)

Posted by: duke | September 11, 2007 at 23:14

Balladsでした・・・書き間違いとうか、夏ボケですね。

私は「SAY IT」にしようかなと・・・。

ところで、「白い恋人・賞味期限切れ」は欲しいです。
今、東京では、これにプレミアムがついて、高額で取引されています。(笑)
ところで、旭川って何度も行きましたが、凄いところですね。最低気温がマイナス41度で最高気温が35度くらいですよね、たしか。
温度差が76度って・・・よく身体が持ちますね。
そろそろ大雪山も紅葉でしょうか?

ボビー・ハケットは確か2枚くらいしか無かったので、探しだします。


KAMIさんはベーシーの「リル・ダーリン」がかなりお好きなようで。
「レッドバンクから来た男」の出だしは確かに元気がでますね、音量を最高にしてね。

Posted by: 4438miles | September 10, 2007 at 09:38

ゼンさんが居間に戻ったころ「Ballads」はA面ラストの「All or Nothing at All」をトレースしていた。

「コルトレーンは歌手になったつもりで、サックスで歌っているんでしょね」
「あぁ、コルトレーンのために書かれた曲みたいだな」
「それにしても暑いですね、エアコンは?」
「1台あるよ」
「KAMI さんとこは2台目入れたようですよ」
「もうじき北海道みたいに涼しくなるよ」
「寒いのは慣れていますがねぇ・・・暑いのは・・・あのう、ヱビス冷えますか」
「バーボンはどうだ」
「いいですねぇ、酒飲まないゼンさんに甘いお土産持ってきましたよ」
「賞味期限の切れた白い恋人か?」
「氷点下41度という旭川の銘菓ですよ」
「変った名前だな」
「えぇ、明治35年に観測された最低気温にちなんでいます」
「たくさんあるねぇ」
「That's A Plenty ですよ、夏バテに効きますよ」
「たくさんあるから Plenty かぁ」
「ボビー・ハケットの Coast Concert はいかがでしょう」

Posted by: duke | September 08, 2007 at 23:53

4438miles様、こんばんは。
夏バテですか。不死身なタフガイだと勝手に思っていたのですが・・・。
私の夏バテ対策案は「アトミック・ベイシー」を聴くことです。レッド・バンクから来た男で元気をだし、リル・ダーリンでちょっとしんみりとする。

如何でしょうか?

Posted by: KAMI | September 07, 2007 at 22:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54124/16371356

Listed below are links to weblogs that reference 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その137回「夏バテには何が効くか」の巻ー:

« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その136回「エグベルト・ジスモンチを聴く」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その138回ーー「枯葉」の巻ー »