« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その140回ーー「着物でジャズ」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その142回「スリーピー 狂紫朗 見参!」の巻ー »

November 26, 2007

団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その141回ーー「ランキングの話」の巻ー

今回はランキングの話であるが・・・・実は「おもいでの夏」ルイス・ヴァン・ダイクを買ってしまった!

41d6impza8l_ss500_


THE SUMMER KNOWS・・「おもいでの夏」というルグランの名曲はそのメロが切なくも、愛おしく、哀愁をさそう。
今までの人生で60回の夏を経験しているが、やはり若い時の夏は出来事が印象深くのこっている。
16歳くらいからの10年間の夏は特にそうである。
そんな特別の思い出を、タイムマシーンの如く、一挙にその時空まで飛んで脳裏に浮かばせてくれるのが音楽である。(この話は再三ここにも書いたが・・)

THE SUMMER KNOWSはそんな曲である。
従ってこの曲に対する思いいれもある、簡単に、粗末に演奏をして欲しくない。
この名曲を演奏題材にするジャズミュージシャンは多かった、サラ・ボーンとルグラン、フィル・ウッズ、ビル・エバンス、ヘレンメリル等など、みな優れた歌であり、演奏だった。何度も聴いている。

特に、アート・ファーマーのリーダー作「THE Summer Knows」は秀逸だ。
フリューゲルホーンの最初の一音から、その哀愁の密度が群を抜いている。
シダー・ヲルトンのピアノもいい、私はこの曲を聴くなら、先ずはアート・ファーマーと思い込んでいる。

この曲を他のプレイヤーがやったと聴くと先ずは聴いてみる。
なかなかファーマーを越える演奏は無い。

今般、SJ誌がルイス・ヴァン・ダイクのアルバムを大見出しで推薦した。
この曲以外にもルグランの曲を取上げている・・・選曲は良いではないか、評も良いではないか・・。
K氏などは5つ星で絶賛している。
即座に買いに走った、そしてこの三連休にユックリと聴いてみた・・・・・が・・。

しかしである、ルイスに文句をいうつもりはない、ルイス流のクラシカルな展開、ところどころに、フーガや対位法などを用いてルイス風味満点である。
表現方法は如何なる方法でも良いが、曲想を解釈し、アドリブ(即興)に入ってからは物語を語って欲しかった。
即興部分・・いわばジャズの真髄の部分ではルイスの「おもいでの夏」を語って欲しいのである。
音楽的に見事な展開をしているか否かは別にかまわない、いかに聴き手の心に染入ってきてくれるか・・・である。
それが無い、聴き終わって消化不良と不満が残った・・・でも大評論家諸氏が二人も推薦している盤である、何かあるはずであると、再度聴きなおした・・・が同じであった。
沁みてこない、語ってくれないのである。
きっとルイス・ヴァン・ダイクの夏にはそういう思い出が無かったのであろうか・・・・。

何度も言ってきたが、「ジャズとは人生という譜面を演奏し語ること」だ、音楽的な構成が近代的でセンスが良くても、ジャズにはならない。
きっとBGMというジャンルなら良い点をもらえるにちがいない。

最近、レコードの星評価に疑問を持っている。
どうも、広告主の新譜には悪い評価をつけられないのではないかと、また、来日を絡めた新譜だと観客の動員に影響がでるので、それを気にしての遠慮評価をしているのではと思うふしを感じるのは私だけだろうか。

もう星取表は不要ではないか・・・新譜の情報、再発の情報だけを掲載してもらえれば、後は自己責任で購入すればいい。
その結果、聴き手が皆で評価や感想を述べ合えば良いではないかと思っている。
初心者の手助けというなら、その感想や論争を聞いて判断してもらえば良いのではと思う。

情報が過多になると、情報にランキングをつけたがる、これが情報発信手と受け手の需要と供給問題だ。
このランキング評価に人為的な操作が加わると、間違った方向に誘導してしまう危険が出てくる。
情報の発信はできるだけ、生のままで、そのままの姿で発信して欲しいものだ。
その昔、SJ誌でノースターと5つ星の論争があった。
レコード会社がクライアントであることなど関係ない!
コマーシャリズムこそジャズが拒絶するものとの心意気があった。

星は不要・・・むしろコメントを大事に書いて欲しい、そこにプロとしての評価者の感性を読みたい。

時まさに、ミシェランがどうのこうのと・・・私の娘も購入したので、読ませてもらった。
星3個から1個まで、いろいろと食べにいったレストランが出ていた。
私の中学高校の同級生がオーナーで板場をあずかっている精進料理屋が星2個であった。
すこし嬉しかったが、本人はきっと迷惑がっているに違いない、だから祝電もうたない。
せいぜい電話で「大変なことになったな」というくらいだろうか。
因みにここのコメント欄には誤記を発見した。
ミシェランのコメントって・・・とてもウスッペライ、パンフレットの切り抜きのようだった。
素人の私の方がまだ増しに書ける(表現できる)店があると感じたが・・・。

先ほど、近場に昼食に出た、その通り路に星2個のふぐ屋さんがあった。
平日の昼は通常は静かに玄関を閉じている・・・が今日は見たことが無い看板が出ていた。
「本日は昼、夜とも予約で一日中満席です」という看板だ。

世の中、ランキング流行り、もういい加減に、ランキング付けは止めて欲しいものである。

是非、質の良い、評価文(コメント)をプロとして書いて、そして読ませてください。

音楽も食べ物も・・・・。

|

« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その140回ーー「着物でジャズ」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その142回「スリーピー 狂紫朗 見参!」の巻ー »

Comments

????
http://sangeetaestateagency.com cherishmyhome.com manitobavideography.com socialcashbuilder.com slotsadjara.com designtshirtsonlineforcheap.com
???

Posted by: sangeetdfu | September 25, 2017 at 13:03

????
http://sangeetaestateagency.com cherishmyhome.com manitobavideography.com socialcashbuilder.com slotsadjara.com designtshirtsonlineforcheap.com
???

Posted by: sangeetdfu | September 25, 2017 at 13:02

????
http://mbknz.com itacougarromancerad.com tshkila.com whiterocke

Posted by: mbknzxrc | September 24, 2017 at 18:02

????
http://funnelsforhighendcoaching.com/ slo

Posted by: funnelsaea | September 23, 2017 at 08:12

????
http://funnelsforhighendcoaching.com/ slots

Posted by: funnelsaea | September 23, 2017 at 08:11

????
http://funnelsforhighendcoaching.com/ slo

Posted by: funnelsaea | September 23, 2017 at 08:11

????
http://fineinkworks.com plannedparenthoodhealthinsurancef

Posted by: fineinsy | September 23, 2017 at 06:46

????
http://fineinkworks.com plannedparenthoodhealthinsurancef

Posted by: fineinsy | September 23, 2017 at 06:45

????
http://fineinkworks.com plannedparenthoodhealthinsurancef

Posted by: fineinsy | September 23, 2017 at 06:45

????
http://amukati.com bamwar39.com bhaity.com bizcpc.com bucknall

Posted by: amukatmk | September 22, 2017 at 14:53

????
http://c4405.com cherishmyhome.com designtshirtsonlineforcheap.com digicha.com epowerwashers.com findadedi.com
???

Posted by: cfourfk | September 14, 2017 at 18:22

DUKEさん

読みました!

そこにも書いてありました、民族料理をどう評価するのかって・・・・ミシェランは料理の味なんて評価しないと堂々と書いてありました。
一日10軒も食べたら味なんてわからないとか、その日の気分で味は違うとか、有名シェフが支店を出したら、同時に二箇所にいられない、なら星を落とすべきなのに・・落ちないとか・・。

ところで、ウドンの味はどこで関西と関東で変わるか・・・それは大垣市なのです。

東でも西でもいいから、鈍行にのって一駅ごとに食べて何処で味が変わるか・・・大垣市なのです。
実体験調査に基づくデータです。

Posted by: 4438miles(SHIN) | December 11, 2007 at 09:27

4438miles さん、こんばんは。

「裏ミシェラン」お読みなったようですね。物事何でも裏がありますが、知れば知るほど面白いものです。

25-25 さんは、食の文化の神髄は、関西にあり!と仰っておりますが、修学旅行で大阪、京都に行ったとき、北海道育ちの私にはやはり味付けは薄く感じました。同じ日本でも大きな食文化の違いがあるだけに、フランス人の舌にその微妙な味を感じ取ることができるのか怪しいものです。

Posted by: duke | December 10, 2007 at 18:14

25-25さん

お久しぶりです。

正に仰るとおり、DUKEさんに紹介頂いた、「裏ミシェラン」には元調査員がその辺の事情を書いています。
フランス人には民族料理は評価できないと、そして別に味の評価をしている訳ではないと・・。
面白く読みました。

流石、裏の世界に生き、裏事情に詳しいDUKEさんです。(笑)

Posted by: 4438miles(SHIN) | December 07, 2007 at 09:57

こんばんは、ご無沙汰ですいません。

ミシュランの星、はっきり言って信用できません。
だいたい、和食の評価をフランス人の舌で
決められて格付けされるってのが、気に入らん。

それに何故東京だけ?
食の文化の神髄は、関西にあり!

Posted by: 25-25 | December 06, 2007 at 23:16

しんじさん

大好きなルグランの曲を取上げているだけに残念で、腹がたったのです。

もう少し、考えて弾いて欲しかった・・・。
残念です。

Posted by: 4438miles | November 29, 2007 at 10:21

こんばんは、milesさん。ミシェル・ルグランで優しげな記事と思いきや後半がぜん辛辣なるなるご意見でワクワクしちゃいます。野次馬根性丸出しで申し訳ないのですが雑誌は読者アンケートなどもしてるだろうに不思議なことです、スポーツでもないのに。それとも我らが頓珍漢なのですかねぇ。

Posted by: 管理人@しんじワールド | November 29, 2007 at 01:29

DUKEさん

もういささか、SJ誌の星にはうんざりです。

もう45年も前、ダウンビート誌をワクワクしながら読み、星を信じていた時代が懐かしいです。

ミシュランやSJ誌に出版界の星取評をつけたら、両者ともノースターですね。

ところで、裏ミシュランの話、ありがとうございます。これは面白そうです、早速この本をさがします。

Posted by: 4438miles(SHIN) | November 28, 2007 at 09:59

4438miles さん、こんばんは。

タイトル「おもいでの夏」、ファーマーのあの名演が脳裏を横切り、しかもあのアン・バートンの美しい歌伴のルイス・ヴァン・ダイク、思わず手が出る1枚です。私も試聴しましたが、買うには至らなかった1枚です。おっしゃるように染み入ってくるサムシングはありませんでした。こと「おもいでの夏」という曲は、体験した夏を思い浮かべる余韻があってこそ聴き手に感銘を与えるものと思います。

星取表はレコード会社の広告塔であり、当然、広告費の力関係が働いております。雑誌が厚くなるほど広告が増え、星が増える仕組みでしょうね。40年ほど前でしょうか、オーネット・コールマンの「オーネット12」を野口久光氏がレビュー担当したとき、全文カタカナで書いておられました。広告に関係なく主張する骨のある評論家の出現を期待したいものです。

ミシェラン・ガイドより、パスカル・レミが書いた「裏ミシェラン」をお薦めします。「恨みシェラン」をかけたタイトルが洒脱です。

Posted by: duke | November 27, 2007 at 20:37

KAMIさん

ランク付けはどうも提灯記事のような気がしてしょうがないのです。

Posted by: 4438miles | November 27, 2007 at 12:50

4438miles様、おはようございます。
>もう星取表は不要ではないか・・・新譜の情報、再発の情報だけを掲載してもらえれば、後は自己責任で購入すればいい。

同感です。私も星評価には、うさんくさいものを感じておりました。
この際SJ誌は、ジャズの情報誌に徹すれば・・と思っております。

Posted by: KAMI | November 27, 2007 at 06:06

どうも、昨今、ランキング流行で・・・なんでもランクをつければ良いというもんじゃないでしょう。

つけて良いランクはDUKEさんのサイトの、この曲ランクやこの人ランク!

大手の雑誌や出版やタイヤメーカーのランキングには何か作為を感じるのですが・・・。

ところでやってもいい、ランキングは何?

相撲の番付表!

Posted by: 4438miles(SHIN) | November 26, 2007 at 17:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54124/17195806

Listed below are links to weblogs that reference 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その141回ーー「ランキングの話」の巻ー:

« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その140回ーー「着物でジャズ」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その142回「スリーピー 狂紫朗 見参!」の巻ー »