« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その143回ーー「スリーピー・狂紫朗という男」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その145回ーー「新春共演」の巻ー »

December 28, 2007

団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その144回ーー「オスカー・ピーターソンへの賛歌」の巻ー

2007年12月23日、オスカー・ピーターソンがこの世を去った。
思えば随分と長いつきあいであった・・・・とは言え、個人的な交流が特にあった訳ではない。
1961年の1月にジャズに魅せられて以来、アート・ブレイキーやマイルスと共に長いつきあいであったような気がする。
しかし、ピーターソンとは何か別な繋がりというか、少々次元の異なる繋がりではと思う。
そこで、彼へのオマージュという意味も含めて、出会いからを整理して書いてみよう。

初めての出会いは1953年のJATPで来日割いた際に母親に手を引かれて聴きにいった、しかし、意識して聞いていた訳ではないので母親から聴いたといわれて、そうだったのかというくらいの感覚と記憶しかない。
1004_033


1962年頃にやたらに早くピアノを弾く奴がいると、高校時代のバンド仲間4人の間で話題になった。
シカゴはロンドンハウスでのライブ盤を聴いた一人、アルトの軒口君が言い出した。
早速その速さとやらを聴いてみたいとおもい、通いつめていた数寄屋橋のハンターへ出向いた。
あった!
それも二枚組みで箱に入っている、高いかなと思ったら、バーゲンで二枚で3000円という。
当時モノラルが1500円でステレオ盤が1800円というのが国内盤の定価であった。
分厚いボール紙でできたLPの箱に入っているだけで高価そうだ。
3000円は大枚であったが、なけなしの持ち金をはたいて購入した。
1105jazzcd_014

「グリーン ドロフィンストリート」で始まり。「トリクロティズム」「シカゴ」「ビリーボーイ」などワクワクとさせるスリリングな展開の連続であった。
「おい、すごいよ」と翌日仲間に話した。
4人のバンド仲間での評価は半々であった。
早く弾けば良いというもんじゃないよ、という奴、でもあのスイング感はたまらないぜ、という奴。
そこから、テクのあるピアニストとテクはないが感性で勝負は誰かなどと論争は発展していった。
同時にスイングジャーナル誌でも紙上論争があり、ピーターソンはスイングするかしないかというテーマであった。

1963年6月2日、産経ホール、ノーマン・グランツの司会でコンサートは始まった。
先ず、ドラムのエド・シグペンが呼ばれ、ブラッシュでスネアを叩き始める、続いてレイ・ブラウンが登場しミディアムアップの4ビートにあわせたブルースコードのウオーキンベースを弾き始める。
最後に御大、オスカー・ピーターソンの登場だ、先ずは「リユニオン ブルース」。
三人の呼吸の合い方が凄い。

最前列の席は高額で高校生には買えない、立見券で入った仲間4人は暗くなるや走って最前列の前の通路に腰をおろして聴いていた。
きっと今では通用しないだろう、直ぐにつまみ出されること間違いないが当時は結構許されていた。

目の前にエド・シグペンがいる、切れ味の鋭い左手のアクセント、ハイハットの音が生で聴こえる・・・レイ・ブラウンはピアノに近く寄り添うように立っている。
大きなステージに三人がシッカリとくっついて纏まったセットになっている。
レイ・ブラウンの低音ながらシッカリと通る大きな音。
ピーターソンは何気ない顔をしてサラッと素早いフレーズを弾く、このフレーズが途切れない、コチラの呼吸が続かなくなるほどだ。
そしてピーターソンのフレーズを唸る声も生で聴こえてくる。
ドラムのピッシ、パッシときまるリムショット、すかさず入るレイ・ブラウンのブゥヲーンという超低音・・何から何までが名人芸に聴こえ、観え、鳥肌がたった。

この日はライブ録音をしていた、後年この盤が発売になった。
「LIVE IN TOKYO 1964」というパブロ盤のCDが出ている。
これを聴いて驚いた、何と最前列でイェーとかイヤァとか叫んでいる声が録音されている。
この声は間違い無く、仲間の故軒口隆策君の声だ。拍手もまじかに大きな音で録音されているのが、我々の拍手だ。
「アイリメンバー クリフォード」、「カドタス ダンス」「ライク サムワン イン ラブ」最後の「自由への賛歌」まで、当日の演奏順に並んでいる。

休憩時間、4人の意見は一致した、「ピーターソンはスイングする!それもただのスイングではない、強烈だ!」産経ホールから東京駅までの帰り道、評論家のピーターソンの評価はあてにならないと、あらぬ方向に話題がむいた。
アルトの軒口君は田町で降り、私とドラムの故小林君は蒲田で下車、私はそこから私鉄に乗り継ぐ、ベースの安藤君は川崎までゆく。その間、ピーターソン トリオの素晴らしさを語り続けた。

しかし、一方内心私は別の不安があった。
ピアノはああ弾かなくてはいけないと思われたら・・・これは大変なことだ。
そして家に帰り、あの二枚組のロンドンハウスを聴いた。
翌週、数寄屋橋のハンターで別のピーターソンを探していたとき、「ストラットフォード、シェークスピア フェスティバル」という、ギターのハーブ・エリスをいれたLPを発見。
1004_023

これを聴いて、再度ぶっ飛んだ。
ドラムなしのピアノトリオで聴いたことのない速さで演奏している。
ギターのストロークとベースが完全に一致して強烈なスイング力だ。

ドラムの小林君が聴きたいと、LPをもって彼の家にゆき、彼はそれをターンテーブルにのせ、音を聴きながらドラムを叩く、これが丁度いい練習だという。
でも、ブラッシュでアップテンポを叩こうとするが直ぐにおいてゆかれる。
彼はLPの音量を本物の音と同じくらい上げ、ステレオ装置に向かう形でドラムをセットして練習を続けた。
或る日、小林君曰く、「あいつらは凄い、ドラムも無いのに高速のテンポが一定で狂っていない」と・・・当人が聞いたら、「当たり前だ、お前には言われたくない」と怒りそうなセリフを吐いた。
それから、「ナイト トレーン」「ウエストサイド ストーリー」等など、新譜を追っかけた。

しかし、実際に演奏する段になるとあの指の動きは不可能で、真似をすることを諦め、「あれは真似するものじゃない」といい、私はウイントン・ケリーを追い始めた。

やがて4人は私立男子校から大学へ進学した。
アルトの軒口君は早稲田大学のジャズ研へ、ベースの安藤君も同じ、ドラムの小林君は外語大へ、私は学習院へと進んだ。

私の入った大学は男子60%、女子40%と女子の比重が大きい。
早速、フルバンドにピアノとドラムの両方で参加したり、アルトとペットのクインテットを組んだりしていた。
大学2年になったとき、フルバンにドラムとベース志望の1年生が入ってきた・・がこれがなかなかやる。
フルバンとは別にピアノトリオを結成しようということになった。
少しは指も動くようになった私は、インチキでいかにもピーターソン風に派手に弾く物真似ができるようになっていた。
三人でトリオを組むさいに、ピーターソン トリオ風でゆこうと、無謀な話をしていた。

或るとき、キャンパスで女性を交えて話をしているとき、何か聴きよいジャズがないかと聞かれた、とっさにそれはオスカー・ピーターソンでしょうと答えた。
私の二枚組LPはいろいろな人の手に貸し出されることになった。
そしてそれは概ね好評であった。
当時はボサノバの流行たてであり、ゲッツ・ジルベルトとピーターソンの「ウイ リクエスト」は我が大学では引っ張りだこであった。
1004_016
1004_020
1004_026

我々、ピアノトリオもインチキな物真似でも当時ジャズをやるピアノトリオは珍しく、結構もてはやされた。
その背景には、ドラムの川島君がやたらテクニシャンで上手かったこと、ベースの森君が音が大きく、どんな早いスピードで何時間も弾ける腕力をもっていたことがある。
私は、再度来日したピーターソンを何度も聴き、その特徴を分析し、物真似につかっていた。
13度も届く手は持ち合わせていない、あのような完璧な音楽才能もない、・・・。
ピアニストの八城一夫氏はピーターソン弾きをしていたが、小さい手であれをやるには、両手が彼の片手に匹敵する、そういう指使いをしないとできないと言っていた。
しかし、私にはそんな指使いは分からない・・・・・。

ピーターソンは最初、シングルトーンなどで静かに出てくる、徐々に音数を増す、倍テンポになる、最後にブロックコードやグリッセンドを多用し、三連符を使い、フォルテッシモに盛り上げる、フレーズの切れ目でドラムのフィルインと合わせるリフをつくり、クライマックスになる。
このような構成の流れを真似するだけで結構それらしくなり、ドラムの川島君のテクの凄さと呼吸のよさで、素人ながら上手く合わせることができた。
そして、このピアノトリオは学園祭では結構人気があり他の大学の学園祭にも呼ばれることがあった。

卒業の間際に、卒業コンサートを開いた、当時私はバンドを二つもっていた。
一つは「セルジオメンデスとブラジル66」のコピーバンドで結構人気があった。
もう一つがこのトリオで結構自信に満ちたインチキジャズをやってヤンヤンの喝采を得た。
1970年大学を卒業した。

1970年代にはピーターソンは何度も来日し、私も何度となく聴きに行っている。
新宿厚生年金ホールで行われたコンサートで、あまり深い考えのない、そして心無い人種差別主義者の投石事件がおきた。
ピーターソンに向けられた投石は幸運にも石はそれた。
演奏は一時中断され会場はどうなることか、これで公演は中止かと・・・。
でも、再度ステージに登壇したピーターソンは静かに「自由への賛歌」を弾き始めた。
いろいろな録音されたこの曲があるが、この時聴いた「自由への賛歌」はまた別の意味をもった感動的な「自由への賛歌」であった。

1995年頃であったろうか・・・私は昼食をホテルオークラのテラスレストランでとり、出口を出た廊下で車椅子にのったピーターソンに出会った。
周囲には彼と夫人以外誰もいなかった。
私は思わず声をかけてしまった、そして6歳のとき1953年にJATPで来日した際に母と聴いた話、1963年に初めて意識して聴いたこと、等など、その間約5分、彼はへぇーという顔をしながらそんなに以前からとか合図地を打ちながら、私のつたない英語での話しを聞いてくれ、最後に握手をした。
大きな手を意識したが、大きさより柔らかさが印象に残った握手だった。

今、レコードやCDの棚に誰の作品が多いかとみると、明らかにピーターソンはトップ3に入る。
ある人は、ピーターソンはどれを聴いても同じでしょうという人がいるが、実は微妙に年代によって異なり、その違いを聴くのも楽しいものだ。
また、ロンドンハウスの二枚組LPに加えることに、そのロンドンハウスで録音したコンプリート盤が5枚組ででており、当時のロンドンハウスに二日間も居るがごとき演奏を味わえるのである。

ヴァーブ時代、パブロ盤、EPSドイツ盤など・・録音の特色もあるし、後年になればなるほど、ヴェーゼンドルファーの特色ある音色を聴くこともできる。

1004_013
1004_021

ピーターソンが死んだと聴いた日の夜12月25日、私は、先ず1964年6月の産経ホールのライブ盤二枚組をそのまま聴き目を閉じた。
そこには、あの日の三人がそのまま登場し、あの演奏をやってくれた、目の前にピーターソンはいた・・・

そしてこれからもずうーっと居続けてくれることだろう。
まだまだピーターソンは弾き続けてくれる。

THANKYOU OSCAR! I MISS YOU!
1004_027
1004_031
1004_035

|

« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その143回ーー「スリーピー・狂紫朗という男」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その145回ーー「新春共演」の巻ー »

Comments

Hi there, I found your web site by means of Google while searching for a similar subject, your site came up, it appears to be like great. I have bookmarked it in my google bookmarks. Hello there, just turned into alert to your weblog thru Google, and located that it is really informative. I'm gonna be careful for brussels. I will appreciate if you continue this in future. A lot of other folks might be benefited out of your writing. Cheers!

Posted by: astuce clash of clans | April 07, 2015 at 06:25

I am regular reader, how are you everybody? This article posted at this web site is really fastidious.

Posted by: candy crush 135 | August 03, 2014 at 03:49

Naruさん

初めまして、宜しく御願いします。
やはりピーターソンが残してくれた音が沢山あってよかったと思っています。
私もロンドンハウスの5枚組みを最初から聴きました、そしてあたかもロンドンハウスにいるがごとき気分に浸りました。

いつかまた私のブログのジャズクラブにも現れるかもしれません。
これからも宜しく御願いします。

Posted by: 4438miles(SHIN) | January 07, 2008 at 10:20

Kamiさん
今年も宜しく御願いします。

ピーターソンはスイングしてますよね。
それもダイナミックに・・・1960年代から70年代にかけて、前衛か電気でないと先端でないという風潮があり、ピーターソンはクラシックジャズと評されていました。
でも最後はオーソドックスが残りましたね。

Posted by: 4438miles(SHIN) | January 07, 2008 at 10:16

basscleffさん

やはり凄いピアノですね、スイングしないかするかって馬鹿げた論争と思ったのですが、実はあまりのアップテンポに聴く側がついてゆけなかったのではと思っています。
メトロノームの一番早いテンポの倍のテンポで弾きだしたら、ドラムもベースもハーブのギターも必死でついてゆくだけ・・・でもグイグイ引っ張る馬力・・・これがピーターソンの魅力ですよね。
しかし、それに完璧についていったレイ・ブラウンってやはり凄いとしかいいようが無いです。

Posted by: 4438miles(SHIN) | January 07, 2008 at 10:13

4438miles さん、今年も1年間お付き合いありがとうございました。

72年という年はジャズファンにとって忘れられない1年です。正月早々、ウェザー・リポート、エリントン、そして5月にピーターソン、6月にガーナー、7月にハインズ、秋にハバード、ナンシー・ウィルソン、随分コンサートに通いました。ピーターソンの生に接したのはこのとき一度ですが、圧倒されました。弾き方のパターンは同じと分かっていても、指が20本あるんじゃないかと思わせるピアノは凄いの一言です。

ピーターソンはスイングするか否かという馬鹿げた論争は机上の空論であるという決定的な証拠をそのライブから得ることができました。ジャズ・ピアノ史上大きな影響力はありませんが、ジャズ・ピアノのひとつのスタイルを確立した人として永遠に聴き継がれることでしょう。

また、来年もよろしくお願い致します。

それでは、よいお年を!
そして楽しい Jazz Life を!

Posted by: duke | December 30, 2007 at 08:42

4438milesさん 初めて、コメントさせていただきます。ピーターソンへの熱い想いが、あふれる、勢いのある文章で表現されていて、一気に読ませていただきました。読んだ後、とってもあったかい気持ちになりました。ボクと同じ人がここにもいる。1964年のサンケイホールのときには、ボクは小学1年生でした。もちろん、子供のボクはリアルタイムに体験はしていません。オーディオ好きの叔父から借りた、ピーターソンベスト盤が、入門でした。「イパネマの娘」が大のお気に入り、その後が、「シャイニー・ストッキングス」、カナダ組曲、MPSの諸作、もちろんロンドンハウスの5枚組もゲットしました。毎夜、じっくりと聞き直しています。素晴らしい文章をありがとうございました。

Posted by: naru | December 29, 2007 at 18:48

4438miles様、こんばんは。
今回は、miles様のピーターソンへの想いが語られており、一気に読んでしまいました。
ザ・サウンド・オブ・ザ・トリオ、私は単純なのでスイングしているなと思っていたのですが、スイングしているかどうかと言う論争があったのですね。
私の感性ではこれは間違いなくスイングしていると思っております。
そして後年のピーターソンとの会話・・・
想いを伝えることができたmiles様、最高の会話だったのでは・・と思います。

今年もあとわずかですね。
毎回楽しませていただき、ありがとうございました。

よいお年を

KAMI

Posted by: KAMI | December 28, 2007 at 22:47

milesさん、こんばんわ。ピーターソンの訃報を知り、僕も彼のレコード(West Side Story)
>ピーターソンは最初、シングルトーンなどで静かに出てくる、徐々に音数を増す、倍テンポになる、最後にブロックコードやグリッセンドを多用し、三連符を使い、フォルテッシモに盛り上げる~
いやあ・・・ピーターソンの弾き方・・・そうなんですよね。そしてそのパターンが判っていても・・・盛り上がる(笑)やっぱりすごいピアニストです!

Posted by: bassclef | December 28, 2007 at 20:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54124/17503761

Listed below are links to weblogs that reference 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その144回ーー「オスカー・ピーターソンへの賛歌」の巻ー:

« 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その143回ーー「スリーピー・狂紫朗という男」の巻ー | Main | 団塊のJAZZエッセイ「KIND OF BLUE」その145回ーー「新春共演」の巻ー »